ホームケア 全記事

髪を傷めないドライヤーの使い方

はじめに

ドライヤーを使うことで髪を乾かすだけでなく、美しいスタイリングを保つことができます。

しかし、正しい使い方を知らないと、髪にダメージを与える原因になるのもまた事実です。

この記事では、ドライヤーの正しい使い方と髪を守るためのポイントを詳しく解説します。

ドライヤーの選び方

ドライヤーを選ぶ際は、自分の髪質に合ったものを選ぶことが大切です。

例えば、乾燥しやすい髪にはイオン機能付きのドライヤーを使うのも良いでしょう

また、細くて傷みやすい髪には低温設定ができるものが良いでしょう。

必要な機能をチェック

ドライヤーにはさまざまな機能が付いています。

イオン機能、冷風機能、風量調節、温度調節など、髪を健康に保つための機能をチェックして、自分に合ったものを選びましょう。

ドライヤー前の準備

髪をタオルドライする

ドライヤーを使う前に、髪をタオルで優しく拭き取って余分な水分を取ります。

ゴシゴシ擦らず、押さえるように水分を吸い取ることで、髪のダメージを防ぎます。

ヒートプロテクトタイプのアウトバストリートメントを使用する

ドライヤーの熱から髪を守るために、ヒートプロテクトタイプのアウトバストリートメントを使用しましょう。

これにより、髪の内部の水分を保持し、熱によるダメージを軽減することができます。

ドライヤーの使い方の基本

温度と風量の設定

ドライヤーの温度と風量は、髪の状態に合わせて調節します。

高温で一気に乾かすのではなく、中温でじっくりと乾かすことで、髪のダメージを防ぐことができます。

温度よりも風量で乾かす事が大切です。

ドライヤーと髪の距離

ドライヤーを使う際は、髪から15〜20センチ程度離して使用します。

また、ドライヤーを動かしながら均等に風を当てることで、髪が熱によって傷むのを防ぎます。

髪を部分別に乾かす

まずは根元から乾かし始めます。

髪の根元を乾かすことで、髪全体が早く乾くようになります。

根元を乾かす際は、髪の重なる部分は特に手を動かして指で地肌に優しく触れながら、頭皮に風を当てるようにドライヤーを動かしましょう。

根元が乾いたら、中間から毛先にかけて乾かします。

毛先は特に傷みやすい部分なので、低温で優しく乾かすようにしましょう。

ドライヤー後のケア

全体が乾いたら、冷風を使って仕上げます。

冷風を当てることで、キューティクルが引き締まり、髪にツヤが出ます。

最後にヘアオイルやセラムを使って、髪に潤いを与えます。

これにより、髪のダメージを防ぎ、健康的な髪を保つことができます。

まとめ

ドライヤーを正しく使うことで、髪を美しく健康に保つことができます。

髪質に合ったドライヤーを選び、適切な温度と風量で乾かすことがポイントです。

さらに、ヒートプロテクトタイプのアウトバストリートメントやヘアオイルを使用して、髪を守りながら乾かすことを心掛けましょう。

これらのポイントを実践することで、美しい髪を保つことができます。

よくある質問 (Q&A)

**Q1: ドライヤーを使う頻度はどのくらいが良いですか?**

**A1:** ドライヤーの使用頻度は、毎日使っても問題ありません。ただし、適切な温度と風量で使用し、髪のダメージを防ぐためのケアを行うことが重要です。

**Q2: ヒートプロテクト剤を使う理由は何ですか?**

**A2:** ヒートプロテクト剤は、ドライヤーの熱から髪を守るために使用します。これにより、髪の内部の水分を保持し、熱によるダメージを軽減することができます。

**Q3: ドライヤーの温度設定はどのくらいが良いですか?**

**A3:** 髪を乾かす際の温度は中温がおすすめです。高温で一気に乾かすと髪にダメージを与える可能性があるため、じっくりと中温で乾かすことが重要です。

おさらい

ドライヤーの正しい使い方をマスターすることで、髪を健康に保ち、美しいスタイリングを楽しむことができます。

まず、髪質に合ったドライヤーを選ぶことが大切です。

イオン機能や冷風機能、風量調節など、髪に優しい機能を備えたドライヤーを選びましょう。

ドライヤーを使う前には、髪をタオルドライして余分な水分を取り除き、ヒートプロテクト剤を使用して髪を熱から守る準備をします。

ドライヤーの温度と風量は中温で設定し、髪から15〜20センチ離して使用することで、髪に均等に風を当てるようにしましょう。

髪を乾かす際は、まず根元から乾かし始め、中間から毛先にかけて乾かします。

根元をしっかり乾かすことで、髪全体が早く乾きます。

毛先は特に傷みやすいため、低温で優しく乾かすことが重要です。

ドライヤーで髪が完全に乾いたら、冷風を使って仕上げます。

冷風を当てることで、キューティクルが引き締まり、髪にツヤが出ます。

最後にヘアオイルやセラムを使って、髪に潤いを与えます。

これにより、髪のダメージを防ぎ、健康的な髪を保つことができます。

日々のヘアケアにおいて、ドライヤーの使い方を見直すことはとても重要です。

正しい方法でドライヤーを使い、適切なヘアケアを行うことで、髪の健康を守り、美しいスタイリングを楽しむことができます。

ぜひ、この記事で紹介したポイントを実践して、美しい髪を手に入れましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA