ホームケア 全記事

髪の毛のパサつき改善!プロが教えるケア方法

髪の毛のパサつき対策

はじめに

日々サロンでお客様との会話の中でも出てくるのですが

髪の毛のパサつきに悩んでいる方はとても多いです。

カラーやパーマなどの薬剤によるダメージはもちろん、毎日のシャンプーや、タオルドライ、ドライヤーでの過剰乾燥、過度なブラッシング、挙げればきりがありませんが、諸々の原因で髪の毛が乾燥しやすくなります。

この記事では、髪の毛のパサつき対策について詳しく解説し、美しい髪を取り戻す、または維持するための具体的な方法を紹介します。

髪の毛のパサつきの原因

環境要因

紫外線

紫外線は髪の毛に大きなダメージを与えます。

特に夏場は直射日光が強く、髪の毛が乾燥しやすくなります。

紫外線対策として、日傘、帽子をかぶる、アウトバストリートメント、UVカットスプレーを使用するなどが効果的です。

冬場の乾燥した空気も髪の毛のパサつきの原因となります。

髪の保湿を心がけるヘアケアが大切です。

働く環境や生活の環境も含めて、全てやらなくてはいけないという事ではなく、変えられるところから取り組む事で少しでもリスクを取り除く事が大切です。

生活習慣

栄養不足

髪の毛の健康は、食事から摂取する栄養に大きく影響されます。

バランスの取れた食事を心がけましょう。

ストレス

ストレスは体全体に悪影響を及ぼしますが、髪の毛の健康にも影響します。

ヘッドスパなどのリラクゼーションや適度な運動を取り入れて、ストレスを軽減しましょう。

これらは今すぐにパサつく原因となる訳ではありませんが、長い目で見ると髪の質が低下してしまい、扱いにくくなってしまいます。

日々のヘアケアにて起こるダメージ

脱脂力の強いシャンプー

必要以上に強い洗浄力のシャンプーで毎日洗うと、乾燥が促進します。

丁寧なすすぎ洗いをすることで、大体の皮脂や汚れは取り除けますので、そこまで過剰な洗浄力は必要ないのです。

タオルドライ

髪を擦るようにタオルドライをすると髪のキューティクルの剥離につながります。

その結果、髪のダメージが促進し乾燥に繋がります。

ドライヤー

過剰に乾かしすぎる(オーバードライ)と髪に必要な水分までも蒸発させてしまいます。

結果としてダメージに繋がりガサつきゴワつきやすい髪になります。

ヘアアイロン

ストレートやカールアイロンの過剰な熱、長時間同じ場所に当て続けるなどは、非常に髪に深刻なダメージを与えます。

適切な温度と適切な時間を守ることが大切です。

髪の毛のパサつき対策

シャンプーとコンディショナー

適切な製品の選び方

髪の毛のパサつきを防ぐためには、自分の髪質に合ったシャンプーとコンディショナーを選ぶことが重要です。保湿成分が豊富な製品を選びましょう。

正しいシャンプー方法

シャンプーの際には、頭皮を優しくマッサージするように洗い、髪の毛全体にシャンプーを行き渡らせます。

すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。

トリートメント

髪に栄養を与え、パサつきを防ぐ効果があります。

自分の髪に合うトリートメントを使用することで効果が高まります。

洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントは、日中の乾燥やダメージから髪の毛を守る役割を果たします。

乾かす前と外出前に髪の毛に馴染ませると良いです。

原因のところでも挙げましたが

環境を変えていく、生活習慣を変えていく、毎日のお手入れを見直す、などの日々の積み重ねが大切です。

いきなり全部を変えるのは難しいですが、まずはNG行動をしない事と、すぐに手をつけられるところから変えてみる事が大切です。

まずは2週間続てみる

そして徐々に当たり前の習慣になるように

楽しみながらチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

hair salon  Araでは

パサつきを解消する、髪質改善のメニューやリラックス、リフレッシュ出来るヘッドスパのメニューが非常にご好評を頂いております。

日々のケアの方法やどんなアイテムが合うのか、一人一人に合わせてご提案させて頂いております。

よくある質問 (Q&A)

**Q1: 髪の毛のパサつきに効く食べ物は何ですか?**

**A1:** これを食べれば大丈夫、ということはありません。月並みですがバランスの良い食事、というのが髪にも身体にも大切です。以前に食事を極力取らないダイエットをした方がいらっしゃいましたが、数ヶ月後生えてきた髪が著しくパサついていたので食べたもので身体が作られているということを踏まえると、栄養バランスは非常に大切です。

**Q2: ドライヤーの使用は髪の毛のパサつきに影響しますか?**

**A2:** 適切な方法で使用すれば問題ありません。髪の毛から30cmほど離して使い、風量を調整しながら乾かすことでダメージを軽減できます。

**Q3: 髪の毛のパサつきを防ぐための習慣はありますか?**

**A3:** バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠、そして適切なヘアケア製品の使用が大切です。

まとめ

髪の毛のパサつきは、環境や生活習慣の影響を受けやすいものです。

しかし、適切なケアと日々の習慣の改善で、健康で美しい髪を保つことができます。

まずは、自分の髪質に合ったシャンプーとコンディショナーを選び、正しい方法でシャンプーを行うことが重要です。

特に保湿成分が豊富な製品を使用し、髪の毛に栄養を与えることが大切です。

また、トリートメントや洗い流さないトリートメントを取り入れることで、髪の毛の深層に栄養を補給し、パサつきを防ぐことができます。

これらの製品は、自分に合うものを選ぶことで、より効果的に髪の毛を保護することができます。

日常の生活習慣も見直しましょう。バランスの取れた食事は髪の毛の健康に直結します。

また、ストレスは髪の毛の健康に悪影響を与えるため、適度な運動やリラクゼーション法を取り入れ、ストレスを軽減することも重要です。

ドライヤーの使用方法にも注意が必要です。

ドライヤーは髪の毛から30cmほど離して使用し、風量を調整しながら乾かすことで、熱によるダメージを軽減することができます。

さらに、髪の毛を乾かす前には、洗い流さないトリートメントを使うことで、熱から髪の毛を守ることができます。

このように、日々のケアと生活習慣の見直しで、髪の毛のパサつきを防ぎ、美しい髪を保つことができます。

ぜひ、自分に合ったケア方法を見つけて、健康な髪を目指しましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA