ホームケア 全記事

髪の毛のうねり対策の重要性

梅雨時期は湿度も高く、最も髪のうねりが気になる時期ですよね。

そんなうねりの原因とは?

なぜ髪がうねってしまうのか?

原因と対策について記事にしました。

遺伝的要因

遺伝的要因は、髪の毛のうねりに大きな影響を与えます。

親から受け継がれた髪質がうねりの原因になることが多いです。

遺伝によるうねりは、防ぐことは難しいですが、適切なケアで改善することが可能です。

環境的要因

環境的要因も髪の毛のうねりに影響を与えます。

湿度や気温の変化、髪のダメージから、うねりを引き起こすことがあります。

特に湿度が高い日は、髪が水分を吸収しやすくなり、うねりが目立ちやすくなります。

ライフスタイルの影響

ライフスタイルの影響も無視できません。

例えば、ストレスや睡眠不足、偏った食生活などが髪の健康に悪影響を及ぼし、うねりの原因になることがあります。

健康的な生活習慣を心がけることで、髪のうねりを抑えることができます。

過度な食事制限をするダイエットにより、髪が痩せ細ったり艶のない髪が生えてくる事も、人によってはあります。

またホルモンの関係で、髪質が変わり髪にハリやコシがなくなり、今までストレートだった方もうねりが出てくるという方も多いです

業界用語的には「エイジング毛」と呼ばれている、更年期になられた方に特に顕著に表れる髪質の変化です。

更年期でなくても髪質は変化していくものですが、ホルモンの影響は非常に多いのです。

エイジング毛はデリケートな髪質ですのでカラーやパーマなど施術する際には、薬品薬剤に関する知識が非常に重要です。

普通の髪と同じように施術をするとかえって髪質を悪化させてしまうケースもあります。

またくせ毛とは別の話ですが、女性の薄毛について。

薄毛にもいくつかのタイプがありますが、更年期に伴って起きるものを「びまん性脱毛症」といいます。

髪が細い・本数が少ない・伸びるのが遅いという3つの症状が複合して起きるもので「女性型脱毛症」といわれることも。

原因としては「男性ホルモンの影響」「加齢」「休止期脱毛(ヘアサイクルの乱れ)」などが挙げられ、すべてが重なって起きる場合もあります。

 日常ケアでできる対策

シャンプーとコンディショナー

シャンプーとトリートメントを選ぶ際にも

うねりの原因は何なのか?を見極める必要があります。

そして髪質によっても変わります。

うねりがあると言っても、髪の太い人と髪の細い人で同じシャンプーを使っても結果は変わりますので、それぞれに合ったものを使う必要があります。

最近では、クセを緩和させるトステア配合のシャンプーなども出てきていますがこれを使えば改善する、というよりも

日々のヘアケア+サロン施術+毎日のスタイリング

これらが適切に行われている事が重要で、それらを適切に行うからこそ相乗効果でクセを収めやすくするのです。

正しいシャンプーの洗う方法

洗い方も重要です。

まずは予洗いでの最初のすすぎ洗いが大切で、念入りに2〜3分かけて洗う事をおすすめします。

また髪をゴシゴシと洗うのではなく、頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。

泡を全頭皮に行き渡らせ、泡で洗う洗顔と同じイメージです。

洗い流す際も、ぬるま湯を使って丁寧にすすぐことがポイントです。

これにより、髪の汚れを落とし髪を傷めずに洗う事ができます。

ドライヤーの使い方

ドライヤーを使う際は、髪の根元から毛先に向かって風を当てるようにします。

熱風を避け、できるだけ中〜低温で乾かすことが髪のダメージを防ぐポイントです。

風量に頼るだけでなく、手櫛を通しながら

風を通すイメージで行うと素早く乾きます。

また、最後に冷風を当てることで、髪のキューティクルを閉じ、艶が出やすくなります。

専門的なケア

サロンでのトリートメント

特に Araでは、髪質改善トリートメントをご提供していますが、このメニューは効果的です。

比較的軽めの髪のうねりや広がりを抑える方法の一つです。

強いうねりやクセをまっすぐ伸ばすのは縮毛矯正が適していますが

髪質改善では弱いクセや広がり、エイジングによる髪質の変化などは収める事ができます。

髪の内部から修復し、ホームケアのやり方次第では長期間にわたり効果を発揮します。

ホームケアアイテムの活用

ホームケアアイテムも重要です。

例えば、髪質に合う適切なシャンプー、トリートメントやアウトバストリートメントなどは、癖を抑えるのにとても効果的です。

これらのアイテムは、髪の内部に必要な栄養を補給し、表面にはキューティクルを保護したり、といった効果があります。

シリコーン配合のアウトバストリートメントは特に効果的です。

「シリコーンは悪」みたいな風潮もありますが、正直なところモノによりますし、適量が大切なのです。

シリコーンには、毛髪表面を整える効果があり、シリコーンが配合されたトリートメントは、ヘアカラーやパーマによるキューティクルのはがれをおさえて絡まりを予防し、手触り良くきれいなツヤのある髪へと導きます。

また、滑りの良さや保湿性があるため、摩擦を軽減したりドライヤーなどの熱ダメージによる乾燥からダメージの進行を防ぎます。

こうした効果があるので、結果的にうねりが収まりやすくなります。

髪の健康を保つ生活習慣

 バランスの取れた食事

髪の健康を保つためには、バランスの取れた食事が欠かせません。

特に、ビタミンB群や鉄分、タンパク質を含む食事を摂ることが重要です。

これらの栄養素は、髪の成長を促進し、健康な髪を育むのに役立ちます。

ストレス管理

ストレスは髪の健康に大きな影響を与えます。

リラクゼーションや適度な運動を取り入れ、ストレスを上手に管理しましょう。

また、十分な睡眠をとることも髪の健康には欠かせません。

よくある質問

**Q1: 髪のうねりを完全に防ぐことはできますか?**

A1: 遺伝的な要因や環境的な要因があるため、完全に防ぐことは難しいですが、適切なケアで大幅に改善することが可能です。

**Q2: シャンプーの選び方はどうすればいいですか?**

A2: 洗浄力が強すぎるものは避けて、できれば洗い上がりにきしみが出ないものが良いです。

**Q3: サロンでのトリートメントの効果はどのくらい持続しますか?**

A3: トリートメントの種類や髪の状態によりますが、通常は数週間から1〜2か月間効果が持続します。

まとめ

髪のうねりは、遺伝や環境、ライフスタイルの影響で起こりますが、適切なケアで改善することが可能です。

自身に合ったシャンプーやトリートメントを使用し、正しいシャンプーの方法を実践することがポイントです。

さらに、サロンでの髪質改善トリートメントなど活用し、健康的な生活習慣を維持することで、うねりを抑えて美しい髪を手に入れることができます。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA